つれづれなる日記 @ maoo.jp

退屈な日々をより退屈な文章でだらだらと

「俺は客だぞ!」

関連
http://d.hatena.ne.jp/maoo/20101121/1290355098

 件のサポートの人だが、「もはや調査できない」宣言をされてしまった。わりと最悪なパターン。今までの苦労っていったい。そもそも、なんでこちらが丁寧に詳細に書いた情報や質問を無視した上で「こちらでは問題なく動作しています」とか宣言できるのか。頭部を解剖して中身を確認したいくらいだ。脳ではなくたっぷりのカスタードクリームがそこにあったとしてもきっと驚かない。むしろわりと納得する自信がある。
 しかたがないので、すでに問い合わせたのにさらっと無視されたような質問を*1、めだつように番号つきで、しかも親切に回答例までくっつけて、再度のお問い合わせとして送信してみた。これもよくあるパターンだ。たぶんこのあとは、「回答できません」と反応されるか無視される可能性が高いんだよなあ。いささかうんざり。あんなので給料がいただけるなんてあまりにいい商売に思え、実のところかなりうらやましくもあるが。
 そんなわけで、タイトルみたいに理不尽を具現化したようなセリフを叫ぶのも時には正義かもしれないとか思った*2。こんな日もある。

*1:宣言通りに動作確認をきちんとしたということなら、簡単に回答できるような質問ばかりなんだけれど。

*2:低姿勢であるとどんどん不利になるような、そんないやな状況が定着しつつある気がする…。