つれづれなる日記 @ maoo.jp

退屈な日々をより退屈な文章でだらだらと

左右対称の神秘

 自分の体毛は、わりと平均的なものであると思う。他人ときっちり比較してみたことはないが、たとえば毛深いとかその逆とかの指摘をされたこともないし。まあ、本当に平均を逸脱するレベルであると、よほど気心の知れた関係でもないなら「お前毛深いよな」などとは口にするべきではないし、かなりハラスメントな感じがする発言に含まれる可能性があり、だから指摘をされないというのはあまり根拠にもならないだろうが。
 それはともかくとして、体毛の中でなんだか変に長い毛がぽつんとあったりする…というのは不思議ではあるまい。そして、今の自分の腕に実際そういう毛があるわけだが。以前からこれについては特に気にすることもなくて「ああこれは長めだなあ」くらいの印象だったのだが、急に気づいてしまった。他方の腕のほとんど同じ部位にもやはり同じように妙に長い毛がある、ということに。左右1本ずつ。なにこのシンメトリー。
 人間の身体は正確に左右対称ということではないらしいし、これはただの偶然だと思う。思うのだが、なんだか気になるのだった。