つれづれなる日記 @ maoo.jp

退屈な日々をより退屈な文章でだらだらと

服装が難しい時期

 本日はいつもの通院とお買い物…ということにしてみたわけであり、病院ではいつもの通りであったしいつものようにドラッグストアーでお菓子も買ったわけだった。それはともかく、朝方には雪かそれに近いものが空から落ちてきていたし(音でわかった)、ここ何日かの中では気温が低い日だったのだが、だからといって真冬とほとんど同じ服装というのではさすがに暑すぎだったなあと。
 ちょっと前にベッドの装備を冬モードから変更したし、室内着も少しずつ薄着になってはきている。だけれどこれらは、急に寒くなったりしてもすぐになんとかできるという安心感がある。一方で、外に出るときの服装はそうもいかないからなあ。よって、暑がりの自分にしてもやや暖かめを目指してしまう。寒くて風邪とか冷えて腹痛とか、暑いより寒い方が被害がでかそうな気がして。
 そんなこんなで、どうもこの時期は服装で悩むことになりめんどくさい。ファッションとか他人にどんなふうに見られるかなんてことにほとんど興味がない自分がこうなるというのは、もちろんけっこう珍しいことであったりするわけだった。こんな面倒なことを毎日のように考える人がそこそこいるらしいということについては、かなり信じがたいとか思う。いや、もちろん個人の自由なんだが。